相続

相続手続

【戸籍の収集、相続関係説明図】
相続手続には、亡くなられた方(被相続人)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要です。また、相続人についても、相続人全員の戸籍謄本の取り寄せが必要となります。
この戸籍謄本を集めるのは、相続人が誰なのかを確定するために取り寄せをします。
戸籍(除籍)謄本は、本籍地のある市区町村での取り寄せとなります。窓口だけでなく郵送での取り寄せも可能です。
実際には、亡くなられた方の死亡時の戸籍(除籍)謄本を取り寄せ、そこから遡って出生までの戸籍謄本を集めます。本籍地を何度も移している方は、それだけ戸籍謄本の取り寄せ通数も多くなります。
これらの収集には、上記の場合にもよりますが、通数の多い方で2,3か月かかることもあります。ご依頼をいただければ、行政書士はこの取り寄せを行うことができます。
集めた戸籍謄本により相続人を確定し、相続関係説明図を作成し、お渡しします。

【遺産分割協議書】
被相続人(亡くなった方)の遺産につき、相続人全員の話し合いにより、どのように分けるか、誰がどの遺産を引き継ぐのかを決めることができます。
相続人の全員での話がまとまれば、協議の内容を遺産分割協議書として作成します。
この遺産分割協議書により、預貯金の相続手続や自動車名義の変更、不動産の名義変更などの手続をすることができます。
行政書士は、この遺産分割協議書の作成のお手伝いをします。

【相続手続】
遺言書があるときは遺言書の内容に従って、また遺産分割協議によるときはその協議書の記載内容に従って相続手続を行います。
預貯金があるときは銀行や郵便局といった各金融機関への相続の届出と相続による払戻をおこない、相続人が遺産を相続します。同じように株の場合も証券会社へ相続の手続が必要です。
手続によっては1,2か月、長いものでそれ以上かかることもあります。
これらの相続手続を行政書士がお手伝いします。
遺言書のある方は遺言書を、遺産分割協議書をお持ちの方は協議書をご準備ください。
ご相談の段階では、遺言書や遺産分割協議書の原本でなく、コピーをお持ちいただければ結構です。

相続手続に関するご相談は、初回30分は無料です。
お気軽にご相談ください。

トップにもどる