HOME   >  土地活用の手続   >  農地転用・農地法許可

農地転用・農地法許可

農地転用・農地法許可申請

兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所です。

【農地転用】
農地に自宅を建てたい、駐車場を作りたい、資材置き場を作りたい、他人に売りたいなど、農地を転用するときには、農地法の許可(市街化区域では農地転用の届出)が必要です。

[農地法3条]
農地を農地として農家の人に貸したい。
農地を売買したい。

[農地法4条]

農地を自己の利用目的として住宅を建てたい。
駐車場用地にしたい。
資材置き場にしたい。
農地に太陽光発電システム設置したい(転用型)。

[農地法5条]
他人が農地に家を建てる目的で売買する。
他人が農地を駐車場や資材置き場として使用したい。
他人が農地に太陽光発電システム設置したい(転用型)。


当事務所・兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所では、この農地法許可,農地転用届出の手続をしています。
農地を転用するときは、兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所(078-385-0702)へご相談、ご依頼ください。

ご相談いただく際は、どの土地を、何の目的で転用するのかをお聞かせいただきます。
ご相談時には、土地の所在地番をお聞きします。土地の所在地番の分かる書類として登記事項証明書(以前でいう登記簿謄本)や固定資産税の通知書、相続した土地なら遺産分割協議書など、土地の地番が書かれているものをお持ちでしたら、ご持参ください。
これらの書類がない場合は、住宅地図で場所をお教えいただければ、地番を調べることができます。

農地転用には、必要な書類を揃えるだけでなく、提出先の市町村や手続の種類によっては、現地調査をして現地での現況図面や計画図面の作成、添付が必要です。

行政書士によっては、図面を作成することができず他業種の方へ外注する行政書士もいます。そうすると費用もかさみます。
当事務所では、現地調査や図面の作成は、私自身がしていますので、費用がかさむことはありません。安心してご相談、ご依頼ください。

神戸市に限らず、芦屋市、西宮市、尼崎市、三田市、宝塚市、川西市、明石市、三木市、加東市、加西市などの他、お客様のご要望に応じて、兵庫県内広域にも対応します。

土地活用をしたい、農地転用をしたいとお考えの方は、ぜひ兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所へご相談、ご依頼ください。
当事務所では、初回30分は相談無料です。
土地活用、農地転用に関するご相談、ご依頼は、不動産業務も行なっている兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所(078-385-0702)へお気軽にご相談いただければ、適切なアドバイスをさせていただきます。


〒657-0053
兵庫県神戸市灘区六甲町4丁目1番15号
行政書士 山田義範
携帯090-6242-8318
TEL 078-385-0702
FAX 078-851-4149
メール yoshiyam.f5@nike.eonet.ne.jp
〒657-0053
神戸市灘区六甲町4丁目1番15号
行政書士山田事務所
行政書士 山田義範

TEL 078-385-0702 又は 090-6242-8318
FAX 078-851-4149

Mail yoshiyam.f5@nike.eonet.ne.jp

事務所は神戸市灘区六甲町にあります。
最寄り駅は、JR六甲道または阪急六甲から徒歩圏内の位置にあります。
車でお越しの方は、国道2号線、山手幹線からすぐです。
駐車場がございます。

NPO法人遺言相続支援センター会員
兵庫県行政書士会 運輸専門部会委員
兵庫県行政書士会 封印管理委員会委員
甲種代行実施契約者,丁種会員(出張封印)
お問い合わせ