HOME   >  各種許認可   >  受動喫煙防止(喫煙可能)

受動喫煙防止(喫煙可能)

喫煙可能に

兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所です。

2020年4月1日から受動喫煙防止法が施行されました。
これにより、喫煙可能場所が限定されました。
これまで、たばこを吸えていた場所でも吸えなくなるお店が増えました。
こうしたお店では条件を満たせば3/31法施行までに届け出をすれば喫煙可能とのことでしたが、この届出をされた飲食店の経営者はどれほどいたでしょうか。

ところで、スナックやバーなど、お酒を提供するお店では、たばこがつきものでした。
こうしたスナックやバーなどで、たばこが吸えなくなると、お店としてはお客離れの心配があり問題です。
そこで、喫煙を主目的とするバー・スナック等は全席喫煙やエリア分煙等を継続することができる方法があります。

【条件】たばこの販売許可を得てたばこの対面販売を行う飲食店であること等(たばこ事業法第22条第1項または第26条第1項にもとづく営業の許可
※ご飯や麺類等の「通常主食と認められる食事」を主として提供する飲食店は除外されます。
喫煙を主目的とするバー・スナック等
以下2つの要件を満たしている施設
(1) たばこの対面販売(出張販売を含む。)をしていること
 対面販売若しくは出張販売を行うには、たばこ事業法第22条第1項の製造たばこ小売販売業の許可若しくは同法第26条第1項の出張販売の許可を受ける必要があります。従業員が購入したたばこを販売したり、自動販売機を設置では不可です。
(2) 設備を設けて客に飲食(「通常主食と認められる食事」を主として提供するものを除く。)をさせる営業を行うものであること(酒類の他、ナッツ類や電子レンジでの調理のみで提供できる程度のもの)。
 「主食」とは、社会通念上主食と認められる食事をいい、米飯類、パン類(菓子パン類を除く)、麺類、ピザパイ、お好み焼き等が主に該当するものですが、主食の対象は各地域や文化により異なるものであることから、実情に応じて判断されます。

このように、たばこの販売許可を得て、スナックやバーでも喫煙可能とすることができます。

たばこの販売許可やたばこの出張販売許可などを得たいとお考えの方、ぜひ兵庫県神戸市灘区の行政書士山田事務所へご相談、ご依頼ください。











〒657-0053
兵庫県神戸市灘区六甲町4丁目1番15号
行政書士 山田義範
携帯090-6242-8318
TEL 078-385-0702
FAX 078-851-4149
メール yoshiyam.f5@nike.eonet.ne.jp





〒657-0053
神戸市灘区六甲町4丁目1番15号
行政書士山田事務所
行政書士 山田義範

TEL 078-385-0702 又は 090-6242-8318
FAX 078-851-4149

Mail yoshiyam.f5@nike.eonet.ne.jp

事務所は神戸市灘区六甲町にあります。
最寄り駅は、JR六甲道または阪急六甲から徒歩圏内の位置にあります。
車でお越しの方は、国道2号線、山手幹線からすぐです。
駐車場がございます。

NPO法人遺言相続支援センター会員
兵庫県行政書士会 運輸専門部会委員
兵庫県行政書士会 封印管理委員会委員
甲種代行実施契約者,丁種会員(出張封印)
お問い合わせ