その他業務

その他取扱業務(医療法人、許認可、補助金)

これまでの項目に詳しく記載の業務だけでなく、ほかにも取り扱っている業務があります。
たとえば補助金・助成金の申請書作成、権利関係に関する書類の作成、建設業の許可など会社・事業にかかる各種許認可手続、医療法人の設立,理髪店や美容室などの開業に際しての許認可手続を扱っています。

【補助金】
これから新規にお店を開きたいと考えている方は、補助金・助成金を利用することをご提案し、その申請書類作成のお手伝いを当事務所ではしています。
・商店街・小売市場の空き店舗への新規出店などは、商店街新規出店・開業等支援事業助成金の申請ができます。これにより新規出店にかかる費用を軽減することができます。
商工会議所では小規模事業者を対象とした小規模事業者持続化補助金を募集しています。
・新規でなくても補助金対象となるものはあります。
運送事業者を対象とした地域交通グリーン化事業においては、国土交通省が環境にやさしい電気バス、燃料電池タクシー等の次世代自動車の導入に対する補助金を出すにあたり事業者を募集しています。自動車の購入費だけでなく充電施設の建設にも補助を出すとのことです。
住宅に関しては、バリアフリー住宅改修補助事業、人生いきいき事業助成事業、耐震改修工事などの工事に関しての助成金があります。
私有道路の舗装助成や景観形成助成、屋外広告物など、建物とは違って外回りの工事なども助成対象となるものがあります。

この他にも補助金・助成金を活用できる場面がいくつかありますので、ご自身の事業において補助金・助成金を活用できるのであれば、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
補助金・助成金の申請には、書類作成が必須となります。ぜひ当事務所にご相談、ご依頼ください。
 


【医療法人】
個人病院の方が、法人にしたいとお考えの方は、ぜひご相談ください。

兵庫県や大阪府では、医療法人の新規設立認可を年2回として受付期間を設けていますので、医療法人設立をとお考えの方は、この受付期間内に申請書を提出しなくてはなりません。-

申請には仮受付といわれる事前申請と、仮受付による事前審査で要件をクリアーしていけば本申請へと進めます。

年2回の受付期間内にこの仮受付による事前申請書を提出しなくてはなりませんので、余裕をもってご相談いただき、書類の取り寄せや作成をしていかなくてはなりません。

仮申請から本申請、そして認可までは半年以上の期間がかかります。仮受付までの書類作成についてもかなりの準備が必要です。

こうした医療法人設立に向けてのお手伝いを当事務所ではおこなっています。医療法人設立をお考えの方は、ぜひ当事務所090-6242-8318までご連絡ください。


このホームページに書いてあること以外にも、行政書士に相談したいこと、ご依頼したいとお考えのことがございましたら、ご連絡いただければ幸いです。また、
「これって行政書士に聞いてみてもいいのかな?」と思うことがございましたら、遠慮なくお尋ねください。
まずは、お電話(090-6242-8318)で概要をお知らせいただき、ご相談ください。

最新ブログ情報ブログを見る

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

神戸の行政書士山田義範モバイル
このページのトップ