車庫証明と自動車登録

車庫証明書から車の登録と封印

【車庫証明】

車庫証明書は、正しくは自動車保管場所証明書といいます。

自動車(新車や中古車)を購入し、自動車登録を行う際や、使用者の住所変更を行う際に車庫証明が必要となります。

車庫証明は、自動車の保管場所をきちんと確保していることを証明する書面のことで、自動車を使用する者の管轄の警察署に申請を行い、保管場所の確認をしてもらいます。保管場所として使用者ご自身の土地を駐車場として使用する場合は自認書、他人の土地を使用する場合はその利用する権原を明らかにし、その土地の所有者(場合によっては管理組合)からの承諾書を添付して提出します。
車庫証明の取得には、警察署に提出して受領するまでに4日かかります。
兵庫県下の警察署の申請窓口の時間が、平成30年4月1日からは9:00~17:00まで(昼12~13除く)と、これまでよりも時間短縮されています。ご自身で仕事終わりに行こうと思っていらっしゃる方は、ご注意ください。
車庫証明書の取得がすめば次は陸運局(兵庫陸運部)での自動車登録を行います。
なお、車庫証明の提出と受領は管轄の警察署へ出向く必要があります。このためお仕事や学校がある方は2回休まなくてはなりません。
この提出と受領を行政書士が代行します。もちろん申請書の作成業務もお受けします。
神戸ナンバーの管轄警察署内での車庫証明の取得、兵庫陸運部での移転登録(名義変更)、新規登録などをご依頼の際は、ぜひ神戸の行政書士山田090-6242-8318までご依頼ください。

神戸市近郊の方や業者の方に限らず、兵庫県外または神戸管轄以外の方や業者の方からの郵送によるご依頼もお受けしています。


【自動車登録】
行政書士が陸運局への自動車の登録をおこなっています。
下記の手続をとお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

・新規登録
新車あるいは中古車で、ナンバープレートのついていない自動車を登録する場合には、新規登録の手続をおこないます。中古車であっても、ナンバーのついていない自動車は一時抹消登録をしてナンバーを外しており、この自動車を購入し登録するには、新規登録となります。


・変更登録
自動車検査証(いわゆる車検証)に記載の氏名、住所、使用の本拠の位置などを変更した場合には、変更登録の手続をおこないます。
変更の手続には、氏名が変わっている場合には戸籍抄本を、住所が変わっている場合には住民票や住民票の除票、戸籍の附票などにより住所のつながりをつける書類の提出が必要です。

また使用者の住所が変わる場合は、車庫証明書の取得が必要となります。
これらの変更の分かる書類をつけて、変更登録の手続をおこないます。

・移転登録(名義変更)
自動車を売買、贈与、相続などにより譲渡、譲受する場合には、移転登録の手続をおこないます。一般的には名義変更と言われることが多いですが、手続の名前としては移転登録といいます。
移転登録する際には、車検の有効期間が残っている必要があります。また、車庫証明が必要となります。ただし例外的に不要な場合もありますので、手続の際に必要かはご相談ください。

所有者の変更により、他府県から神戸ナンバーの管轄に移転してくる場合や、同じ神戸ナンバーであっても番号を変える場合には、ナンバープレートの提出が必要です。ナンバーを変える際に、希望するナンバーがあれば、事前に希望ナンバーの申し込みが必要ですので、あらかじめご相談ください。

・抹消登録
自動車の使用を一時的に止めたとき、これは自動車を解体・廃車せずに、自動車自体はあるもののナンバープレートを外し、一時的に自動車の登録を抹消するものを一時抹消登録といいます。
自動車そのものを解体をした場合、これは自動車自体が存在しなくなった状態で、この際の手続を永久抹消登録といい、解体業者からの解体番号、解体報告日をもって、永久抹消の手続をおこないます。

このほか、車検証の紛失・盗難による再発行やナンバープレートの紛失・盗難による番号変更、事業用の車両の増車や減車、レンタカー登録の手続も取り扱っています。また自動車だけでなくオートバイの登録も取り扱っています。
神戸ナンバー管轄の兵庫陸運部(神戸市東灘区魚崎の陸運局)・軽自動車検査協会(神戸市東灘区御影)での自動車登録のご依頼は、神戸の行政書士山田義範(090-6242-8318)までご依頼ください。

神戸市近郊の方や業者の方に限らず、兵庫県外または神戸管轄以外の方や業者の方からの郵送によるご依頼もお受けしています。

・出張封印
兵庫県行政書士会では、平成30年2月1日から丁種出張封印を開始します。
私は兵庫県行政書士会の封印管理委員会に所属していますので、丁種会員への名簿登載をしました。これにより、2/1から丁種出張封印をすることができることとなりました。

私は兵庫県行政書士会の封印管理委員会に所属している委員でもあり、封印を取付けることのできる会員でもあります。

陸運局や自家用自動車協会は平日しか開いていませんので、土日しか休みがなく平日に車を持ち込むことができない人にとっては、土日に自宅へ出張して封印をすることもお受けできますし、平日の仕事先への出張封印も可能です。
こうした方には、出張封印というのはメリットであると思います。

ぜひ、こういった出張封印もあるということをご存知いただき、ご利用ください。

最新ブログ情報ブログを見る

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

神戸の行政書士山田義範モバイル
このページのトップ